のぼり旗、意外に歴史深いんです

のぼり旗、というと皆さんはコンビニとかスーパーにはためくものを想像すると思います。

毎日のように外出すれば見るのがのぼり旗ですから、広告宣伝のために作られたモノなんだろうなと思っている人もいるでしょう。

でも実は、のぼり旗のエキスパートによると、昔、のぼり旗は全く違う使い方がされていたんです。

のぼりの起源をさかのぼると、卑弥呼の時代までいくんですね。

中国から卑弥呼に送られた旗のようなものがのぼり旗の起源といわれています。

当時は広告宣伝なんてあるはずもなく、位の偉い方への贈り物とか、何かの儀式を行うときに利用したりという場合に、のぼり旗が利用されていたみたいです。

今はイベント会場やスーパー、コンビニなどで多く見かけますが、昔はかなり違う方向で利用されていたんですね。

戦国時代では、武将が利用し、それぞれが個別のカラーを持って利用されていたんですよね今は広告宣伝に利用されているのぼり旗ですが、歴史なんかを紐解いてみると面白いかもしれません。